スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

これからが初夏のいいとき

散ってからが緑の見せ所だ 見てなさい








豊かな色


行くぞ行くぞと前向きに進んでいくときはまるでガキ大将のようで、そういうときは小さい声や些細なものは確実に取りこぼしていたりする。明るく楽しいとき、悲しい話を聞いても意味が分からない。だから悲しい気持ちになれてよかった。悲しみや苦しみがあるとそれを正当化したくなる。こうなって良かったんだと言いたくなる。でも本当はそんな目に遭いたくなんてなかった。異なる気持ちをグルグルまわった後で残るのは豊かさだけだった。豊かさとは、今いる世界の全く違う面が見えたり、抜け道がないと思えるところに道を見つけたりすること。使える色が増えること。人の気持ちがよく分かること。

無駄じゃないよという言葉はさんざん無駄かもしれないと思った一寸先にある。






遊ぼう


誰か遊びに行きましょう
言葉が話せないけど
誰か遊びに行きましょう
脚がないけど
誰か遊びに行きましょう

そこにある草を摘んで見よう
手の大きさを比べよう
同じ本の同じページを読もう
一緒にやろう、それが遊びだ








命乾いた人々


素敵なものを作るとそこに命が宿る気がします。
個人でも企業でも、同じ形のものを大量に作らないといけなくなったとき、または同じ対応をたくさんの人にしなきゃいけなくなったとき、一個一個に命を宿す作業はとても難しくなると思います。今までは、そこで多くの人に届けるために試行錯誤するのが主流でした。見えないところで当たり前のように努力してくれている人々のお陰であらゆるものが手に入るけど、本当にこんなことして良かっただろうかとなぜか私が考え込んでしまいます。
好きなお店が人気にになりすぎて行けなかったりお店自体閉めてしまったり、好きな場が規模が大きくなりすぎて雰囲気が壊れてしまったり、対応に追われすぎてやりたいことができなくなってしまったり、それは店や場を始めた側の課題としてあるけど本当にそれだけでしょうか。
あそこに水が湧いたぞという噂を聞きつけては水を枯らしながら移動し続ける渇き切った人も取り組んだほうがいい課題ではないですか。何かを求める人にもちゃんと考える力が与えられているはずです。
どちらが良い悪いという話ではないけれど、与える側は命を見せびらかして人の乾きをただ煽ってはいけませんし(皆が煽り合ってもっと乾くから)、貰う側は自分が何のために何を欲しているのか考えて道端の…

最新の投稿

霞を食べて 靄を晴らす

純粋にただやるので全然いい

生きているの意味

意識は愚鈍 無意識は光より早い

それを求めてない人に施しを与えない

あなたはよく生きている方だと思う

ホームに帰りたい/何を選んできたか

変化の途中です/きちんとしない

ある曜日の覚書2

イデア、あります